ぽかぽかお部屋で

シンプルナチュラルな暮らしに憧れる主婦の日記帳

私の家計簿持続の秘訣は3つ

 



前回、家計簿の記事を書いたら質問をもらったので、少し詳しく書きます。
(しっかり読んでもらえて嬉しい!)

これまで何度も『家計簿』というものに挑戦しては挫折してきました。
年末年始に書店でよく見かける
表紙にどーんと家計簿と書かれた冊子はもちろん、
パソコンのエクセル入力で管理しようとしたり、
ニンテンドーDSの家計簿ソフトを中古ショップで買ったこともあったなー

どういう方法なら続けられるだろう?と模索し、
ルーズリーフ(A5サイズ・方眼)を使って
記入欄を自分なりにカスタマイズするという形に落ち着いたわけですが・・・

私にとって、これだ!という続けるための秘訣が3つあるような気がしています。

1、食費を細かく記録しない

一度の買い物でかなりの品数になる食品。
これを一品ずつ記録するのは大変です。
私は日付と店名と合計金額だけ書き出して、
月トータルで予算内に収まればいっかというザックリ感でやっています。
ここを頑張って在庫管理を徹底すればもっと食費を減らせそうではありますが
その努力は放棄!きっと続きません。

日用品も一緒に買ったときは合計金額から引いて、それぞれの箇所に記入します。
あと、外食費は別にしています。

2、やりくりは年単位で、月毎の時間軸ではなく費目を軸に考える

これを思い付いたことで、
私は挫折することなく家計管理ができるようになりました。

通常、月の手取り収入に対して支出の内容を考えていくと思います。
が、
冷暖房をたくさん使って電気代がかさむ月もあれば
インフルエンザ予防接種で医療費が跳ね上がる月もあれば
セールで服をまとめ買いして被服費が高くなる月もある。

その分ってどうするんだろう。
食費やレジャー費を削るの?
かといってむやみに特別費として計上していると
だんだんワケわからなくなったりして。

moblog_937ae06e.jpg

そこで、記録用紙を費目別に用意し、
一年分が1ページに収まるような書き方にしました。

そして、やりくりというより、ただひたすら記録した2017年。
何にいくら使っているのかを把握したくてとにかく1年分がんばりました。
年間の支出内訳が見える化できたところで
内容を見直して2018年につなげました。
費目ごとに、年間でこれくらいかかりそうだなーと概算します。
数値を12で割り、月毎の全体(全費目)の収支バランスを見たりもします。

そして2019年がスタート。
貯蓄・投資額を少し増やして、ゲーム感覚で楽しみながらやりくりを頑張ってみます。

3、記録は短時間で済ませられるように

パソコンやDSでの記録が長続きしなかったのは、
立ち上げ(記録するまでの準備)に時間がかかってしまうから。
思い付いたときにパッと済ませられる、面倒に感じないことが大切。
これは、家計管理にスマホアプリを活用している人も同じかな。

以上、3つ。

私にはたまたまこの方法が合っていたのだと思いますが
いろいろ試して自分に合うものを模索したことが今につながったと思います。

はっ、つい熱くなってしまいました。
家計管理に悩む方へ、ほんの少しでも参考になれば嬉しいです。

*****
 じゃこ
*****


web拍手 by FC2よかったら応援にポチッと。更新の励みになります。

私の家事ノート

 



たまには、マジメに主婦やってるぞという話題でも。

ここ2、3年で作り上げてきた私の家事ノートです。
A5版のバインダーとルーズリーフ。
この手法にしたことが私にばっちりハマって、
改良を重ね、家計管理ができるようになりました。
ToDoリストで、予定を先取りして段取りすることが少しできるようになりました。
あと、いろいろな備忘録も兼ねています。
年賀状の送付先リストとか、贈答の記録とか、
住宅設備のメンテナンス記録とか。

今どきはアプリを駆使している方も多いんでしょうね。
でもでも、アナログもいいものですよ。
手を動かすことで自分のものにできてる、落とし込めているという感覚かな。
私がわかりやすいように『見える化』すること。
この『見える化』という言葉は私に必須です。



愛用しているのはマルマンの『書きやすいルーズリーフ』。
この、A5サイズ、方眼5ミリが素晴らしく使い勝手がいいです。
少し前にノート術?が話題になったとき、
その道で著名な方がこのタイプのルーズリーフを使っておられました。
無印良品にも同じようなルーズリーフがあります。
書き心地は、私はマルマンのほうが好き。

*****
 じゃこ
*****


web拍手 by FC2よかったら応援にポチッと。更新の励みになります。

テストと換気扇ネタと

  0  0



ブログ記事の送信先アドレスが変更になったそうなので
忘れないうちにテストをしておきます。
(ブログのURLが変更になるわけではありません。
ブログ記事を投稿する本人だけに関係のある話です)

画像なしもナンなので
換気扇フィルターを交換したときの覚え書き用画像を。
画像は交換前です。
お目汚し失礼します。

年明けに、換気扇のプロ清掃をしてもらいました。
このマンションに引っ越してきてちょうど5年になりますが
初めての経験でした。
専用フィルターを購入すると無料でやってもらえるそうで。
前の住人さんが大量購入!?されていたようで
キッチンのキャビネットにたくさん入っており、今まで買わずに済みました。

さて、プロによる清掃から3ヶ月、
フィルターは早くもけっこう汚れておりました。
普段はカバーをしているので、フィルターの汚れ具合がわからないんですよ。
定期的にチェックしないといけませんね。


web拍手 by FC2よかったら応援にポチッと。更新の励みになります。

『繰り回し』でハッピーに

  0  0



NHK朝の情報番組『あさイチ』の
『スーパー主婦直伝!“ハッピーキッチン”時間術』という特集で取り上げられた
“繰り回し”という言葉。

詳しくは番組HPの“これまでの放送”から
3月18日放送分のページをたどってください。

できるときに、未来の自分を少し助ける作業をしておく、
その過去の自分に助けられて今を少し楽にこなせる、
そしてまた未来のために何かをやっておく、
その繰り返しで毎日の食事づくりが回っていく。
というような意味です。

今、私の食事づくりのちょっとしたキーワードになっています。

例えばこの日私がやったことは、
“無塩バターを計量して小分け容器に入れていく”

これをやっておくと
夜寝る前に、ホームベーカリーのタイマー予約をする際、
材料を入れていく作業が不思議とグンと楽になるんです。

なぜだろう?と今考えてみたら、そうか!
バターの計量にだけ、包丁が必要なんだ。
ちょっとしたことだけど
冷蔵庫から小分け 容器ひとつ分のバターををポンと投入するのと
バターの塊を取り出し、包丁で切り分けて 15グラム計量するのとじゃ
全然違う。

主婦にとって料理と時間は永遠のテーマ。
“繰り回し”っていう言葉の考え方がいいなと思いました。
ここで“時短”だの“効率”だの言っちゃうとなぜだかゲンナリしちゃう~。
スーパー主婦の卵として出演されていた
井上さんの人柄も素敵でした。

ところで。
普段はあさイチ見ていないんです。
NHK朝のニュースを見たあとは、消すか、Eテレに変えるか。

この日はたまたま付けっぱなしになっていて
ボウ(5歳)を幼稚園に送っていくバタバタ時間に
テレビを消そうとして
「ハッピーキッチン?
時間術!?
なんだかためになりそうだぞ」
と録画したのでした。
おかげであとでゆっくり見られました。

いつもいつも食事の支度に追われている感覚。
その時間が少しでもハッピーになるなら、言うことなしです。
“体力と時間のやりくり”を今年のモットーにしている私への
神様からのプレゼントだったのかもしれません。


web拍手 by FC2よかったら応援にポチッと。更新の励みになります。
このカテゴリーに該当する記事はありません。